くさび式足場

くさび式足場は、その名の通り緊結部に『くさび』を使用している足場工事。
各支柱には、凸金具と凹金具の両方が備えられ、ハンマーでその金具同士を正確に打ち込んで固定し、足場を組み立てていきます。

現場への追従性を高めるため、部材はすべてユニットタイプになっており、低コスト・短工期・小回りが利くといったメリットがあります。

多くの現場で採用されており、作業者の命を守り続けている足場です。

くさび式足場のメリット

くさび式足場には、中層・低層の建物であれば人力で組み立てることができます。
そのため低コスト・短工期というメリットがありますが、その大きなメリットは小回りがきくということ。
材料の一つひとつが小さくできており、複雑な形状の建物でも足場を設置することが可能です。

当社ではこれまで多くの施工実績があり、とくにこの『くさび式足場』を得意としています。

くさび式足場のデメリット

■ 場所によっては設置できない
くさび式足場は人力で組み立てていくため、高い建物には適していません。

■ 騒音の発生
設置時はハンマーでたたいて固定するため、カンカンと響く音が発生します。

一覧ページに戻る