新築工事に伴う足場工事

新築工事の際には、作業員が安全で作業しやすい環境を整えることが必要。
工期に伴って足場の設置期間も長くなるため、壁つなぎの点検や足場不備の修正を随時行い、常に安全を確保します。

使われる足場は主に『枠組み足場』『単管ブラケット足場』『手すり先行足場』
それぞれの現場に適した足場を組み合わせ設置することで、より安全性の高い足場に仕上げます。

新築工事で使われる足場の種類

■ 枠組足場
枠組足場は足場工事の中でもオーソドックスな工法です。
各部材が軽量で扱いやすい形状になっていながらも、高い強度を保持している、安全性の高い足場が実現します。
さまざまな現場で使用することができますが、単管足場と組み合わせることで、さらに自由度が高い足場設置が可能です。

■ 単管ブラケット足場
高い自由度と強度を持つ足場。
単管パイプをブラケットという金物で固定して足場板を敷くため、強風にも耐えうる高強度を備えています。
そこに加え、高さや躯体との間を細かく調整できるため、作業内容や職人に合わせた足場の実現が可能です。

■ 手すり先行足場
手すり先行足場の最大の特徴は足場の組立・解体時に常に先行して手すりが設置できるということ。
最上段でも常に外側を手すりで囲まれた状態のため、安全に作業することができます。

一覧ページに戻る